スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切花品種、バラの挿し木にチャレンジ

2015.06.20.Sat.15:03
今年の4月中旬頃、地元の花屋さんで買ってきたバラで切花の挿し木にチャレンジしました。

使用した花はこちら。
b419.jpg

チェリーブランデーと思われる黄色とオレンジのバイカラーと、真紅の大輪品種。
真紅の方は特徴が無さ過ぎて品種名がちょっとわかんないですね…本当はレッドエレガンスが欲しかったんですが無かったので、とりあえず店にある一番大輪の真紅を買ってきました。ローテローゼとかじゃなきゃいいけど。(苗売ってるしな…)

今回は土挿しです。
1時間の水揚げ後、赤玉土に水腐れ防止と発根促進のミリオンを混ぜた無肥料の土にブスッと挿して、明るい部屋に放置しました。
(うちにはミリオンしかなかったのでそうしましたが、粉末のハイフレッシュの方が塗布&混ぜやすくていいと思います)
去年、100均で買った「発根促進剤入りの挿し木用土」というのも試してみましたがこっちは駄目だったなぁ~!真夏に腐って虫が沸いて泣いたもん。お金を惜しんではならんのだ。世の中金なのである。

根っこが伸びて茎が安定するまでは、パレットに水をためて底から給水させる方が良さげです。
2~3週間して土の表面にちょびっとカビが出てきた時は次亜塩素酸水をシュッシュしましたが、それ以降はカビも出ず元気そうでした。
風が吹かないぶん、室内に置いてるとどうしてもカビがね~~~(ミリオンはちゃんと仕事してんのか?)



約1.5ヶ月後、惜しくも2本脱落。
b417.jpg

同じ条件で脱落したのは奥に並べていた2つで、これがどちらも同じ品種。
生き残ったのがそれとは別の品種なので、品種によって発根のしやすさに差があるんでしょうな。

生き残った品種は一ヶ月くらいしたら新しい葉が出てきたので、外へ移動させました。
いきなり直射日光はキツイので北側に出したんですが、それでも室内の光にしか慣れてなかった葉っぱが一気に日焼けしてしまいましてオロロロ。
こればっかりは難しいですね…日陰から始めてジワジワと直射日光に慣らしていくのが良いらしいんですが、んな適度な日陰とか適度な日光とか、都合の良いスペースがウチにはないのだよ…
でも、根っこさえ無事だったら直射日光に慣れた新しい葉っぱがさらに出てくるはずなので、問題無いかと思います。

下のスリットから根っこらしきものが見えてきたので、1.5ヶ月後、大きめの鉢へ植え替えました。

オホーッ///生えとる生えとる///
b413.jpg

堆肥を混ぜた新しい土で植え替えました。
b415.jpg

この角鉢はかなり大きいので、今後の生育を見てみてサイズダウンするやもしれません。

順調に葉を展開しているほうです。
カッスカスの色をした葉が日焼けの結果ですが落葉はしないので、これはこれで光合成してんのかも?
b414.jpg

葉の動きが鈍かったほうは、そのぶん根がよく伸びていました。
b418.jpg


今回は家にある資材で発根に成功しましたが、全て成功とはいかなかったのでまぁまぁという感じでしょうかね。
以前もっと珍しい葉や園芸品種では見かけない色の切花品種を何回か水挿しで発根させようとしたんですが、ことごとく失敗したので、その辺りの個性の差が関係しているのかもしれません。
そういうタイプにはドーピングするしかないか?(ルートンとかオキシベロンとか)

ところで私、挿し木をやるにあたって一番重要なことを忘れておりました。
この発根に成功した品種、バイカラーか真紅か、どっちだっけ…??

(※挿した時に名札を付けた方がイイヨ!)

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ) ブログランキングへ
スポンサーサイト

不機嫌なルシファー

2015.06.05.Fri.19:55

なんだか同人誌の題名みたいなタイトルになっちゃってますけど、今季のルシファーが超ご機嫌ナナメなのだ。

むっつり


ムスッ
b409.jpg

比較的開いてこのレベル
b404.jpg

b410.jpg

去年はそれでも開こうとしてくれている努力は感じられたんですが、今年は「てこでも動くか」という顔のつぼみばっかりで、もう切ろうかな~~でもそろそろ開くんじゃねーの??と思いながら早数週間。そろそろボーリングしていることを認めなければいけない時がきたようだ…
でもさーー!去年はそれなりに開いたんですよ!去年は!!(諦めが悪い)

さらに切る決断を鈍らせてくるのが、ルシファーの超強香っぷり。
ちょっと近付くだけでブルーローズ系のいわゆる石鹸臭がし始めて、どれどれと顔を近付けるだけで香水のような強い香りでがんがん誘惑してくる。
ルシファーの香りの強さは強香のゆうぜんやつきよみ、かおりかざりやオデュッセイアを凌いでいて、ほとんど開いていないつぼみでも香る。実に恐ろしい子である。

そうして悩んでいたら、ついに家族から「玄関にあるバラって枯れてんじゃないの?」という声がかかった。

b411.jpg

かかかかかか枯れてへんわ!!この丸まった水分率の低いカッスカスの葉っぱと、うなだれてるしょぼしょぼの花が普通でデフォで通常運転なのッ!!

そういうバラを玄関に置くのが間違いと家族が仰るのはごもっともではございますが、ルシファーは雨に打たれたら花弁が汚れる筆頭株なのだ。まことに遺憾ながらここに置くしかないのだ。軒下がほぼ無い我が家を恨んで頂きたい。私も沈痛の思いである。

というわけで、今後も玄関ドアの真横という一等地に鎮座し続けることになるであろうルシファーですが、紹介されているところによっては「夏と秋の二季咲き」と書かれていたりする。春は咲かないんである。そんなバラでいいのかね河本さん???という気がしますが、つまりはそういうことである。
去年それでなくても開いてくれたのがまぐれだったと思って、もう諦めて切ることにします…

あ~~~なんて丸々太ったつぼみなんだ~~~;;;;;オヨヨヨヨ勿体無い;;;;
こうして見るとだいぶ茶色いですね、諦め悪く残してましたがもうピークは過ぎてたんでしょう。

b412.jpg

春はどうしても栄養過多で太るので、このぎゅうぎゅうの大輪を開くだけのパワーが足りなかったんだろうな。これからに期待するしかないです。
しかしそんなバラでいいのかね河本さん???(二度目)

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ) ブログランキングへ

一番花も終盤、ミステリューズにベーサルの予感

2015.06.03.Wed.20:50

オデュッセイア、ラスト一番花です。

外側の花弁に薄っすらと紫が入るのが色っぺー。

香りも強いし、蓮のような咲き方も可愛いじゃないか気に入った!
夏にもポンポン咲いて貰うためにも、動きそうな芽の上でサマーカットしておきました。


だいぶ薄着のかおりかざり。
b398.jpg

大輪花のボーン!とカタログ通りに咲いてから一気にエネルギー不足になっていく流れ、ちょっと面白いですよね。
こうなるなら咲かす前にさっさとつぼみを切っちゃっても良かったなとちょっと後悔する瞬間でもあり、これはこれでまぁいいかってなる瞬間でもあり、最終的には早くお礼肥やらねばと焦る、っていう。


こちらはさっさと一番花を終わらせて剪定しておいたので、新芽がニョキニョキ中のミステリューズです。
b405.jpg

株元からは「出るぞ出るぞ」って感じのベーサルの予感。
b406.jpg

ンググ、これは同じような場所から出すぎな気がするけど、もうちょっと伸びてくれないとどこを削るかわかんねーな…!?
嬉しい悲鳴ですね…またほったらかしてる間に一気につぼみが付いてたなんてことのないように気をつけねば。
とりあえずさっさと接ぎ木テープを剥がせってやつですわ、はい忘れてました…


こんだけ新芽が伸びてくるとよっしゃ消毒だーー!と思うんですけど、今日から関西も梅雨入りですって。朝からドンドコ降ってますわ…
バラの大敵、梅雨。良いことと言えば水遣りをサボれるくらいで、消毒は出来ないわ黒点病をもりもり連れてくるわ…
いや、水遣りをしなくていいのも良し悪しだな、液肥とか活力剤とかサイクルが狂ってくるわけだし。こっちだってアルゴフラッシュの予定があったのに…!(2日に1日)(やりすぎ)


そういえば、資材を買いに地元の園芸屋を覗いたらさらに新しくバラを仕入れてて、ホエェェ~と数十分眺めてしまいました。
顔を覚えられているせいで店員さんにアレやコレやと薦められ、「やっぱり香りが良いのはシャンテロゼミサト!」と花を向けられ、ウヒィィィ。
いや、良い香りで紫へ退色する綺麗なバラなのはこの前見て知ってるんだ…でもその名前だとエヴァのミサトさんが浮かぶからお迎えは止めとこと思って堪えてんのに誘惑しないでくれぇぇ…!とジタバタ。
ミサトの誘惑から気を逸らそうとふと見たらデルバールのマドモワゼルが入ってきてたので、そっちを嗅いでみたらいい香りがするじゃないか。こぼれるように咲きそうだし実に可愛い。お迎えするならこっちかなぁと思うけど、最近シベ丸出しの半八重咲きばっかり買ってる気がして、うぅむ悩ましい。
やっぱり色んな美少年を揃えたとしても、好みの顔が多くなっちゃうんだよな~~~
あとロサ・オリエンティスのパリスもありましたが、こっちは商品画像の通りペターッとひらべったく咲く感じがちょっと好みではないかな。絶世の美少年の名前が付いてるわりに、見る人によっては美人…って顔立ちだなぁという印象でした。いるいるそういうタイプ。

ロサ・オリエンティスと言えば、最新品種のフリュイがとても可愛い予感がしますね。縁に残る赤が綺麗だし、香りも超強香ということで魅力的です。
バラの家専売と書いてあったのが気になりますが、取り寄せ可能か聞いてみようと思います。
うちはかなり田舎なんですが、地元に色んなバラを取り寄せてくれる園芸屋があって良かったなぁと思いますね…バラ苗の送料って馬鹿にならないですもんね…だいたいのバラ苗ショップがそうですけど、送料無料になる条件がこれまたキツイ。
何だよ5鉢買ったら無料って。業者じゃないんだからそんな一気に買わんわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ) ブログランキングへ

インフィニティーローズは今季失敗、ベーサルシュート処理など

2015.06.01.Mon.12:03
コメントにも戴いたのですが、やっぱりアルゴフラッシュって良いんですって!
ということで暫くはアルゴフラッシュをガバガバ使おうと、バラ以外の草花にも大盤振る舞いでどんどこやってます。
それで今調べてて気付いたんですけど、アルゴフラッシュってバラ用だけじゃなくてどの植物へもOKの汎用向け液肥もあって、そっちだと数百円安かったりするので普通の草花に使うにはそっちと併用した方がお得そうですね。
でもわざわざジョウロ分けるのめんどくせーわ!私は構わずやる!

リシマキヤ・リッシーが咲きました。


ほっといたら勝手に育つカラーリーフで、この時期に黄色い小花を咲かせます。わざわざアルゴフラッシュをやる必要も無いくらい丈夫なんですけどね。地植えにすると雑草化するので気を付けた方がいいらしいです。
ここにもビオラのこぼれ種が!お前、どこにでも押しかけ女房だな。


こちら、少し花弁は汚れていますが綺麗な形で咲きました。
b396.jpg

プリンセスオブインフィニティーです。
たいそうな名前ですけど、いわゆるミニバラですね。6~7cmはある大輪タイプです。

でもこれ全体図で見ると、き、きたねー!
b402.jpg

大きなバラと同じペースで消毒をしてましたが追いつかず、黒点でだいぶ葉を落としました。残った葉はうどん粉でかなり汚い状態。太い茎のわりに横張りなのも残念。
最新品種らしいので耐病性に期待してたんですけど、やっぱりインドアローズなんだろうなこれ。雨ざらしはきつかったか…
ふちに緑が残る薄いピンクが欲しかったのですが(切花ではよく見る)、この汚れっぷりからして雨にも弱そう。
来年からマルチングするなり軒下に移動するなり、ちょっくら育て方を変えねば。ウォォォ。


こちらはアルカンシエルのベーサルシュートです。ボケーッとしていたらつぼみが出来始めていたので、慌てて指でポキッと折りました。
よく見逃してはシュートの先に花束作っちゃうんですよね…ベーサルが出やすいこの時期は気をつけねば。
(でもシュートの先の花って豪華で良いですよね)

b401.jpg

シュートをポキッとやる感触、柔らかくて山菜みたいで好きです。
これが食べれたらな~~~あ~~お腹すいたカツ丼食べたい~~~(山菜関係なかった)





以下、DGS(声優)話。
マゾヒスティックオノバンドの神戸公演、チケット発券してきましたらアリーナAでしたイヤッフーイヤッフー!
これはもしや、最近L'のライブが無いぶんじわじわ貯まっていたチケット運が確変を起こしたのではないのか!?
と震えてたんですが、CD先行予約に当選した方はアリーナAの確率が高いとのことで、もしや前の座席から優先して配分していったのでしょうか??(勿論スタンドの方も居るそうですが)
L'のFC先行なんてスタンド最後列とかザラなのに…!ツアー中スタンド席しか回ってこなかった話もあるあるなのに!MOB、なんて良心的なんだ(震)

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ) ブログランキングへ

液肥ジプシー、『オデュッセイア』

2015.05.29.Fri.18:37
液肥にアルゴフラッシュを購入しました。
なんでもいいんですけど、その前は500mlで1,500円くらいはする有機系の液肥を使ってたので、さすがに毎回それだとコストが嵩むってことでもうちょっと安価な液肥も併用しようと。
んで1Lのやつを買ったんですが、思ったより希薄倍率が低くて、8Lのジョウロで巨大なキャップ2杯ガバガバ入れなきゃだし、説明読んだら「生育期は2日にいっぺんのペースがオススメ」とかケロッと書かれてるしで、なんかあんまり安くなったイメージがないんですけどどないなってんの……アルゴフラッシュってもしや高価な部類?
でもこれギネスに載ってるらしいですよ。どんなのかよく知らないけど、超成長させたって!(アバウト)

さらに前はマイローズの液肥を使ってました。こっちは土色ですが、コスパはそれなりに良かった気がします。有機成分入りで善玉菌を増やす作用があるそうですが、何が良かったかって言われるとよくわかんねーな…?という程度でした。
ボトルの底に成分が沈殿するので、捨てる時に何度も洗うのが面倒だったイメージ。「毎回振って使えよ!」って大きな文字で書いといて頂きたい。使用方法部分に書かれてたかもしれんけど、忘れるんだよ人間だもの。

もひとつ前はスーパーでも買えるどんな植物でもOKのハイポネックス液肥でした。
ブルーハワイばりに青い液体がクール!いかにも身体に悪そう!お値段は安価な部類かと思いますが、やっぱり効いてんのかよくわかんない感じのまま終了でした。

結構あれやこれやと液肥ジプシーしてる気がします。みなさんのオススメ液肥があれば教えて頂きたい所存です。



今日のバラはオデュッセイア。
よく咲いてくれますが、ちょっと開くのが速いかも。
F&Gローズが一週間はケロッとしてる横で、2日くらいですぐヘタってますわ。最近暑いかんな~~
b390.jpg

b391.jpg
でもかなりいい香りですよ!いまトイレに置いてます。(かわいそう)


そういえば裏庭の柵前にバラ用の花壇を作ってもらったんですが、そこに植える予定のブラッシングアイスバーグがちっちゃなコブ付きで届いてしまったことと、ピエールドゥロンサールが今季全部ブラインドだったこともあって根っこを見てみないと怖くて(小さめの鉢なので根詰まりしてるだけかもしれん)、まだ鉢から地植えへ移植が出来てないんですが、家族から「冬までバラ植えないなら花壇に大根植えていい?」と言われ、「大根て!レンガの洋風花壇に柵にそって大根の葉っぱ生えてんの!?ギャグだろ!!」と止めたんです。
でもよく考えたらスペースがもったいないですよね…いっそブラッシングアイスバーグは自力で克服するしピエールもただの根詰まりだと信じてさっさと地植えしてしまうか、やっぱり根っこを丸裸に出来る冬まで鉢で様子を見つつ大根がレンガの花壇に並んでるのも面白いからヨシとするか…

あ~~どっちがいいかな。悩むなぁぁぁ~~~(大の字)

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ) ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。